ライフデザイン研究所のお客さま本位の業務運営に関する方針(FD宣言)

FD DECLARATION

顧客中心主義に基づく業務運営方針

上坂会計グループは、1970年の創業当初から、『お客様はゲストであり深い愛での対応』を目指しお客様に合った様々な商品サービス開発を行ってまいりました。私たちは、付加価値のない仕事を資格だけではカバーはできないと考えました。本当の付加価値はどこにあるのか。お客さまはどこで満足していただけるのかそれを追求したいと考えています。

株式会社ライフデザイン研究所(以下、「当社」といいます。)は、1994年に創業し『想いをカタチに。』の考えのもと、お客さまの想いに寄り添った対応といつでも相談できる身近な場所を目指して以下のとおり『お客さま本位の業務運営に関する方針』を策定しました。また、本方針にかかる取組状況を定期的に公表するとともに、必要に応じて本方針の見直しを実施します。

方針1 お客さまの最善の利益の追求

当社はお客さまに私どもと一緒に仕事をすることで感動していただきたいと思っております。そのために役職員一人ひとりがプロフェッショナルとしての意識を持ち、グループミッションカードを基に業務を遂行することを徹底します。一人ひとりが高度な専門性と職業倫理を保持します。まずはお客様のお話をよくお聞きし、お客様の想いを組み、法人個人ともにキャッシュフローが最大化する手法を考え提供しつづけます。

方針2 利益相反の適切な管理

当社は、お客さまとの間で想定される利益相反の可能性を適切に把握・分析し、管理を行うことが、お客さまの利益を守る上で、重要であると考えます。
したがって、当社は上坂会計グループの一員としてグループ企業の多種多様な商品やサービスを提供いたしますが、その際にもお客さまの利益を第一に考え、お客さまに対して適切ではない取引が行われることのないよう管理を行います。

方針3 手数料等の明確化

当社は、お客様にご負担いただく手数料についてできる限り丁寧にわかりやすく説明するように努めて参ります。

方針4 重要な情報のわかりやすい提供

当社は、お客さまに難しい専門用語を使わずにわかりやすく、誤解を招くことのない情報提供を努めて参ります。販売・推奨等を行う金融商品やサービスについて、適切に情報提供を行います。また、市場動向や環境変化、お客さまのライフプランの変化等も総合的に勘案し、適切なアフターフォローを行います。さらにはご提供資料やホームページ、その他の情報媒体において、可能な限りわかりやすく提供するよう努めて参ります。

方針5 お客さまにふさわしいサービスの提供

当社は、お客様自身にも正しい金融知識を学んでいただき、自立した考えを持っていただくためにマネースクールや投資教育研修を継続的に開催しております。人生の様々なステージで「資産」に関する課題に向き合う中で、お客様自身にも知識や経済の動きを感じていただく必要があると考えます。また身近でいつでも相談できる場所をつくっています。そして、私たちは、お客様の様々な資産の課題を把握し解決する手段として投資商品、保険や不動産、相続対策商品を使い、長期的に全体最適化を目指します。包括的にご相談いただけるように上坂会計グループとともにワンストップコンサルティングを提供できるよう努めて参ります。

※当社の勧誘方針についてはこちら をご覧ください。

方針6 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、上坂会計グループの一員として、すべてのスタッフたちを人生の成功者としたいと考えています。最大、最重要な資源はここに集うスタッフであることを認識し、自らの夢を達成し最高の人生(Quality of  Life)を送るための環境を提供します。日々学ぶこと、そして新たな課題に直面しても進化し続けることが重要だと考えます。お客様の多様な要望にお応えでき高い付加価値を提供できるよう、目の前のことに精一杯取り組み、進化し続けます。そのために、職場環境づくり、社内研修制度を立ち上げ専門性と人間性の高い人材育成に取り組みます。お客さまも、私たちも、協力頂いている周囲の人達も、みんな人です。人がつながり織りなす価値を高め、お客さま本位の会社運営を実践して参ります。

個別相談

お金にまつわる様々な悩みや現在の状態や目的等をお聞きし、将来を見据えた上での解決策や解決の見通しをつけていただけます。
規模の大小にかかわらず、お気軽にご相談ください。