ご相談事例

Consultation case

ご相談内容

これからのセカンドライフプランの相談に乗ってもらえませんか。
自分1人で考えたプランが本当によいのか専門家ならどう考えるのかが知りたいです。

(鯖江市 / 40代 / 会社員)

運用はやっていたがもう少し自分にあった長期的なアドバイスがほしい

別のIFA業者様とお取引がありましたが、HPをみられメールにて個別相談のお申込みをいただきました。

投資信託の運用成果がよくなく、自分の大事なお金や今後もらう退職金の運用、老後資金、そして会社設立も見据えたアドバイスを求めておられました。
また、50代での退職を検討されており、今のお金は生活費としていつまでもつのかなど不安な部分がおありになるようでした。

ライフプラン、ファイナンシャルプランへのアドバイス

お客様自身でエクセルシートにてライフプラン(家族含めて)をきちんと作成しておられました。別のシートには資金計画もありほぼ完璧なものができていました。

専門家として中立的にアドバイスがほしいということで、現状のまま行く場合と資産運用をかける場合のシミュレーションをしました。運用は確実な利回りではないですが、各商品の過去の結果からリスクリターンを分析しお話することができました。金融知識もありリスク許容度も高く、ご家族の将来をしっかり描くことができておられるお客様でしたので比較的スムーズにコンサルティングを進めることができました。

最終、投資目的と年数を確認したうえで、投資信託、債券を使って積立投資・一括投資の商品設計やアドバイスを行いました。
NISA制度(少額非課税制度)についても活用されたご意向も踏まえ、活用方法をお伝えし実践いただく判断となりました。
アドバイスをきっかけに国の制度に関心を持たれ、早期退職後に加入する個人型の確定拠出年金についてもアドバイスさせていただきました。

現状分析はされていましたので、その方向でよいかのアドバイス

  • 金融商品のポートフォリオの分散プラン作成
  • ゴール設定

いつまでに、どのくらい、どうやってを一緒に考えていく。ゴールに向かうまでのリスクを洗い出しリスクヘッジを検討しました。

~結果~

退職から老後までのライフプラン、ファイナンシャルプランを実行支援させていただきました。長期的な運用や積立投資を自信をもってやっていくことができるようになり、定期チェックの重要性も理解され、その後継続コンサルティングにもお申込みいただいております。

新たな課題

継続的な投資フォローを希望される中で、NISAロールオーバーの時期を迎え、NISAのロールオーバーの実行をするのか売却するのかを検討いたしました。
相続関係で土地の譲渡(売却)のご相談も受けたり、贈与の実行支援のご質問をいただき、税理士法人上坂会計と組み、特例贈与の検討と申告のお手伝いまでつながりました。将来的に、ご両親の相続および、ご自身の相続も相談したいご希望もお聞きしました。

お客様の声

親身に相談にのってもらい、細かな質問にも全てお答えいただきありがとうございました。
自分が考えたプランもあったのですが、1人で考えたプランが本当によいのか専門家ならどう考えるのかが知りたくて相談しながら軌道修正できたことが収穫でした。
定期的なフォローや勉強会もあり、自分もしっかり勉強できそうな会社だと感じていますし、相続のことや事業のことも対応していただけるとのことで、今後もお任せしたいと思っています。

個別相談

お金にまつわる様々な悩みや現在の状態や目的等をお聞きし、将来を見据えた上での解決策や解決の見通しをつけていただけます。
規模の大小にかかわらず、お気軽にご相談ください。